重力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- comment(-)

√mat
√mat√mat
√mat√mat√mat
√mat√mat√mat√mat
√mat√mat√mat√mat√mat
√mat√mat√mat√mat
√mat√mat√mat
√mat√mat
√mat


これは数日前に見た夢からおこしたmemo。
これを大発見だと勘違いした自分は太陽の光によって消滅したのだが

どうやら本当に頭がいかれているらしい。

非-対象からの抑圧によって消え逝く自我を認識すればするほど
もはや客観的な主体のみによって自分の生存が認識されることがわかる。

例えば“K”は周りの印象や噂のみによって“K”づけられる。
しかし“K”はすでに“K”たる自分を持ちえない。
空虚な“K”だけが一人歩きする。





現在読んでいる本

『恐怖の権力〈アブジェクシオン〉試論』
ジュリア・クリステヴァ著

これはどういう本か簡単に説明…しづらい超難解で衝撃的な意欲作。
ラカン以後の象徴秩序の体制を棄却(アブジェクト)し、知の再生を図ろうとする。


始まりの前に、分離

「してみると、アブジェクトは欲動から依然未分化の《対象》の最も脆く(共時的な観点からみて)、最も始原にある(通時的にみて)、昇華として立ち現れる。アブジェクトは、以前に形成されているが、二次的抑圧の裂け目を通してしか姿を現さぬあの疑似体験である。したがってアブジェクトとは原抑圧の《対象》となろう。…」

スポンサーサイト

2007.02.05 comment(2)

comment

こんばんは、

先日はコメントありがとうございました。
リンクからお邪魔してみたらとても深いブログですね!
それに載せてるイラストやデザインも雰囲気があって素敵です。もしかしてシュルレアリスム、お好きですか?

なんかほぼ日記みたいな自分のブログが恥ずかしい 苦笑。

ポール・オースターは読んだ事無いけど凄く気になっていて、ここに名前が出てたのでますます興味が湧きました。

活字の渦が恋しくなった時、まずはこちらにお邪魔したいと思います♪

でわでわ。

2007.02.10 トイ URL edit

来て頂いてありがとうございます。
トイさんの更新はいつもひっそりこっそり
楽しみにしていました。

ここは不定期に不定形なものを
まとまりなく載せてます。

シュルレアリスムはすべて許容はできないけど、
その時代に興味深い人が生きてたり、
トイさんの日記みたく今もふと日常で感じられたり、
何かと身近な単語かもしれないです。

ポール・オースターは、自分もとても大好きな
作家のひとりなんですが、おすすめです!
きっと気に入られると思います。
個人的には「ムーンパレス」と「偶然の音楽」が
らしくてよいです。

なぜかいつも「おいしそう」な写真つきの更新
楽しみにしてますね。では。

2007.02.10 ura URL edit

comment post













trackback

trackback URL
http://apres.blog63.fc2.com/tb.php/78-0a11fa53

top
アフィリエイト RANKING
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。