重力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- comment(-)

0℃

それまでに存在しないobjectを生む瞬間
ときに頭中で悩ますそれらが知恵の輪のようにとけた瞬間
体が強張ってしまい、いまを成り立たせている状況を緻密に分析している。

場所、湿度、歪み、振動、胃の中の食べ物、皮膚と衣服の間…
考えうるそれらのどれかがひとつでも不十分であったり欠けてしまうと
生まれるものは汚染される可能性を自ら与えられる。

とてつもなくすばらしいものを生み出したいと思うが
知識は形態と相俟ってobjectを都合よく歪めるのである。


ふとサイコ(彩子、psychoと呼ばれるのを嫌っていた)という女性と
martin margielaについて話したことを思い出した。
私はあえてmargielaが好きだと言った。
それらを身に着ける対象を真逆に想定してるとしか思えないからだ。
HPで「CLOSE ME」と書かれたpop upが出るのも同様)
こんなものは浮浪者くらいしか似合わないだろう。
だから我々は大金を払って浮浪者を演じる。



000.jpg




自分の身の回りのものは自分を自分足らしめる要素に成り得るが
それだけでしかない。しかし表現はその所在を発生源→objectと
還元せねば第三者の感覚へと砕けていかない。



自分は集団の中にしかいない。

スポンサーサイト

2007.01.06 comment(1)

comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.02.09 edit

comment post













trackback

trackback URL
http://apres.blog63.fc2.com/tb.php/70-7cfb1980

top
アフィリエイト RANKING
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。