重力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- comment(-)

Zendegi Edame Derad

日曜日の午後



灰色の祖国のなか 灰色の暁の猫背になった領域は、抱きあっていた、情熱もなく、おずおずと、

憎しみのうすらがぬ空、狼狽している海、不毛の大地は、抱きあっていた、

痩せ馬の疲れを知らぬ速馳、もう車も通らない街道、死にかけている犬や猫が抱きあっていた、

女たち、子どもたち、そして感覚の冴えかかった病人たちが、魅力ある青白い後光に包まれていた、

外景が、終わりのない日々、光のない日々が、理に背く夜々が、後光に包まれていた、

顔に嫌悪を刻みつけ、最後の雪の希望は、後光に包まれていた、

天体は厚みを増し、さまざまの唇らは薄くなり、無用のテーブルのように額どもは拡がっていた、

近づきやすい頂上は身をかがめ、最もうまみのない苦悶はやわらぎ、一つの役割しか演じないのを自然はよろこんでいた、

唖たちは応答しあい、つんぼたちはたがいに聞きあい、盲目たちは見つめあっていた、

涙すら泥まみれの鏡にしか映らないこの混沌の領域で、未来の祖国を混ぜこんだこの永遠の祖国で、
太陽が遺骸をゆすぶり起こそうとするこの国で。

スポンサーサイト

2007.03.18 comment(0)

top next >>
アフィリエイト RANKING
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。